November 11, 2019 / 5:09 AM / a month ago

現状判断DIは前月比‐10.0ポイント、駆け込みの反動や台風の影響も=10月景気ウオッチャー調査

[東京 11日 ロイター] - 内閣府が11日に発表した10月の景気ウオッチャー調査では、景気の現状判断DIが36.7で、前月比10.0ポイント低下し、3カ月ぶりの低下となった。横ばいを示す50の水準は22カ月連続で下回った。企業動向関連、雇用関連、家計動向関連のすべてが低下した。

2─3カ月先を見る先行き判断DIは43.7で、前月比6.8ポイント上昇。2カ月ぶりの上昇となった。

内閣府は、景気ウオッチャー調査の判断の表現を「このところ回復に弱い動きがみられる」で据え置いた。また「消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動や台風19号などによる影響が一部に見られる」とした。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。 *内閣府の発表資料は以下のURLでご覧になれます。 here

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below