January 9, 2020 / 4:02 AM / 11 days ago

イラン司令官殺害、国連憲章下で正当な行為=米国連大使

[国連 8日 ロイター] - 米国は8日、国連安全保障理事会に宛てた書簡で、イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害を自衛措置だと正当化し、米国人と権益を守るため「必要なら」中東で追加的行動を取ると表明した。

書簡の中で米国のケリー・クラフト国連大使は「イラン政権が国際平和と安全保障をさらに脅かすことを阻止するため」前提条件なしでイランと真剣な交渉に臨む用意があるとも表明した。

ロイターが把握した書簡でクラフト大使は、ソレイマニ司令官殺害は国連憲章第51条の下、正当化されるとした。

国連憲章第51条は、武力攻撃に対する個別的・集団的自衛権を規定している。米国はこの条項を2014年にシリアで過激派組織イスラム国(IS)に対する行動を取る際に利用した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below