for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

将来の利下げ判断では雇用とインフレ動向がカギ=ロウ豪中銀総裁

[シドニー 5日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)のロウ総裁は5日、失業率が上昇し、インフレ率の押し上げもできない場合には、利下げが正当化されるとの見方を示した。シドニーでの講演で述べた。

豪失業率は12月に5.1%に低下、直近のデータではインフレ率の上昇が示されていることから、足元では利下げの必要性は低そうだ。

豪中銀は4日、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを過去最低の0.75%に据え置いた。市場では大規模な森林火災や中国で発生した新型コロナウイルスによる影響に懸念があるものの、中銀は強気の成長率見通しを変えなかった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up