for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECB、インフレ「埋め合わせ戦略」検討 対象期間短縮も=総裁

[フランクフルト 30日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は30日、ECBが現在進めている戦略見直しについて、インフレの「埋め合わせ戦略」が決まる可能性があると述べた。

過度な低インフレの期間を高インフレの期間で埋め合わせることや、逆に過度な高インフレの期間を低インフレの期間で埋め合わせることを決める可能性があるという。

総裁はイベントで「こうした戦略は、信頼を得られれば、金融政策の効力を高め、下限に直面した際に、経済を安定させることができる」と指摘。

「こうした埋め合わせ戦略は、人々の決定が完全に合理的ではない局面では――恐らく現状はそうした状態に近い――あまり成功を収めないかもしれないが、そうしたアプローチの有効性を検証できるかもしれない」と述べた。

総裁は、インフレ目標を達成できない状態が続けば、それがインフレ期待に織り込まれる可能性があるとも発言。政策で視野に入れる期間を短縮する必要が出てくるだろうと述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up