for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

自身に対する犯行の背後にプーチン氏─ロシア反体制派指導者=独誌

[ベルリン 1日 ロイター] - ロシアの反体制派指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏は、独誌シュピーゲルに対し、自身に対する毒殺未遂疑惑の背後にはプーチン大統領がいるとの見方を示した。

ナワリヌイ氏は1日発行予定の同誌とのインタビューで、プーチン大統領が犯行の背後にいると指摘し、他の可能性は考えられないと語った。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up