for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米USTR代表、中国副首相と「率直な」協議 懸念事項を伝える

[ワシントン 26日 ロイター] - 米通商代表部(USTR)は、キャサリン・タイ代表が26日に中国の劉鶴副首相と初めてバーチャル方式で率直な意見交換を行い、懸念事項を伝えたと発表した。

USTRは「タイ代表は率直な意見交換で、バイデン・ハリス政権の労働者中心の通商政策の基本理念と、タイ代表が進めている米中通商関係の見直しについて協議し、懸念事項も伝えた」と表明した。

タイ代表は、劉鶴副首相に将来の協議を楽しみにしていると伝えたという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up