for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

抑止力強化のミサイル阻止方針、年末まで示す=安倍首相談話

[東京 11日 ロイター] - 安倍晋三首相は11日夕、弾道ミサイルなどを阻止する安全保障政策を年末までに示すとの談話を発表した。政府はこれに先立ち国家安全保障会議(NSC)を開き、北朝鮮などのミサイルを防ぐ政策について議論した。

談話は、配備手続きの停止を決めた地上配備型迎撃ミサイル「イージス・アショア」の代替を検討し、迎撃能力を確保すると表明。一方で、迎撃能力だけで防衛能力が十分かと問題を提起し、抑止力強化のため、ミサイルを防ぐ安全保障政策の新たな方針を検討してきたとし、与党と協議して年末までに示すことを明らかにした。 「専守防衛の考え方には、いささかの変更もなく、日米の基本的な役割分担を変えることもない」とした。 (竹本能文

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up