for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BRIEF-黒田日銀総裁:大規模緩和の効果や金融仲介機能への影響、副作用を点検する

[東京 21日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は21日の記者会見で以下のように述べた。

* 黒田日銀総裁:景気の現状、感染症の影響で引き続き厳しい状態にあるが引き続き持ち直している

* 日銀総裁:個人消費は基調として持ち直しているが、サービス消費で下押し圧力強まっている

* 日銀総裁:景気の先行きは改善基調をたどるとみられるが、感染症拡大でペースは緩やかにとどまる

* 日銀総裁:経済・物価の見通し、感染症の影響中心に下振れリスクの方が大きい

* 日銀総裁:対面型サービス消費中心に経済の下振れ圧力強まっているが、緩和的な金融環境は維持=緊急事態宣言で

* 日銀総裁:コロナ対応の3本柱による金融緩和をしっかり実施していくことが重要

* 日銀総裁:感染症の影響を注視、必要であれば躊躇なく追加的な緩和を実施

* 日銀総裁:今回の会合、今後の点検作業の方向性について認識を共有

* 日銀総裁:大規模な金融緩和の効果や金融仲介機能への影響、副作用を点検する

* 日銀総裁:副作用を抑制しつつ金融緩和を実施していく=政策点検で

* 日銀総裁:緩和の長期化予想の下、持続性高めるとともに変化に機動的に対応できるようにする=政策点検で

* 日銀総裁:副作用に配慮しつついかに効果的な対応を機動的に行うか模索する

* 日銀総裁:各施策の見直しは点検の結果による、具体的なものを念頭に置いているわけではない

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up