for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スズキと日産、6月も国内で一時減産 半導体不足続く=関係筋

[東京 21日 ロイター] - 世界的な半導体不足の影響を受け、スズキが6月も国内四輪車工場の一時稼働停止を検討していることが分かった。複数の関係者が明らかにした。半導体不足でスズキが国内の四輪車生産を一時停止するのは3カ月連続となる。日産自動車も5月に引き続き国内の生産調整を実施する。

両社とも6月の減産規模は明らかになっておらず、一時的に生産が減る分は下期にかけて挽回する計画を立てている。

スズキが部品メーカーに提示した計画によると、相良工場(静岡県牧之原市)で6月1日─11日の9日間、磐田工場(同県磐田市)で1日─7日までの5日間、湖西工場(同県湖西市)の第1ラインで2日─4日の3日間、第2ラインで1日─7日までの5日間、稼働停止を検討している。いずれも土日は除く。

スズキの広報担当者は、暫定的に部品メーカーに計画を伝えたものの、影響を最小限に抑えるため調整中だとし、「確定していない」と回答した。

相良では小型車の「ソリオ」や「スイフト」など、湖西では軽自動車「ハスラー」など、磐田では軽自動車「エブリイ」などを生産している。

複数の関係者によれば、日産も6月に栃木工場(栃木県上三川町)などで生産調整を続ける。日産自動車九州(福岡県苅田町)は24、25、28日の3日間を非稼働とするほか、第1ラインは11日まで、第2ラインは18日まで夜勤を取り止める。栃木では18日の昼稼働を停止。追浜工場(神奈川県横須賀市)でも月内の夜勤を取り止める。

同社は半導体不足による今期の生産への影響を約50万台と想定し、このうち半分は下期にかけて取り戻す考えを11日の決算発表時に示している。

日産の広報担当者は、詳細な計画についてはコメントを控えたが、世界的な半導体不足により自動車業界で部品調達に影響が出ているとして「生産の調整と必要な対策を実施している」と述べた。

これまで半導体不足の影響が表面化してこなかったトヨタ自動車も18日、6月に国内の完成車工場2拠点での稼働を一時停止を発表している。トヨタは2万台の生産に影響が及び、小型車「ヤリス」などの納期が遅れるとしている。 (白木真紀 編集:久保信博)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up