for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

野村HD、米顧客取引での損失3000億円超 約97%処理済み

[東京 27日 ロイター] - 野村ホールディングス(HD)は27日、米国の子会社と顧客との金融取引で2021年3月期連結決算に2457億円の損失を計上したと発表した。22年3月期は現時点で約5.7億米(約616億円)ドルの損失を見込み、損失額は合計3000億円を超える見通しだ。米顧客の関連ポジションは97%超を処理済みという。

この日発表した2021年1―3月期の純損益は、1554億円の赤字だった。

野村HDは3月29日、米国の子会社と取引先との間で多額の損失が発生する恐れがあると発表。野村HDは詳細を明らかにしていないが、同社のプライムブローカレッジ業務の顧客だった米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントによる取引巻き戻しが損失に関連しているとされている。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。 (新田裕貴)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up