for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中銀の課題、今後は企業の存続可能性や資源の再分配に=黒田日銀総裁

[東京 24日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は24日、日銀金融研究所主催の国際コンファランス(オンライン形式)で開会のあいさつし、今後の金融当局の課題について「流動性支援から、企業の債務返済能力や存続可能性、資源の再分配へ移行していく」との述べた。その上で、対応する政策も、一時的な応急措置のようなものから中長期的な構造政策へと重心が移り、中銀が考慮すべき問題の範囲は広がっていくとの認識を示した。

国際コンファレンスでは、新型コロナウイルス感染症危機後の経済展望や政策課題について、学界、中銀、国際機関の関係者が幅広く議論される。25日まで開催の予定。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up