for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

感染流行は何度も起こる、機動的な対応必要=西村再生相

[東京 23日 ロイター] - 西村康稔経済再生相は23日午後、東京、大阪など4都府県への緊急事態宣言発令について説明を行うため衆院の議院運営委員会に出席し、新型コロナウイルスの感染拡大は繰り返し発生するため、その都度対策が必要と説明した。

松尾明弘委員(立憲民主)が、再び緊急事態宣言を発動させないのが自身の責務と明言した菅義偉首相の責任や、同委員会に菅首相が出席していない理由について質問した。西村氏は「流行は何度も起こるので、それに対して機動的に対応するのが必要」と説明した。

緊急事態宣言の解除基準に関しては「まずは極めて強い対策にご理解をいただいて、徹底して取り組んでいただくのが必要。まだ解除の話をするのは次期尚早」と述べた。

政府は東京・大阪など4都府県に対して25日から5月11日までの期間、3度目となる緊急事態宣言の発令を23日夕刻発令する見通し。変異株の拡大に対応するため、飲食店や大規模店舗への休業要請、学校の部活動の自粛などを要請する。

竹本能文

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up