for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三菱電機、検査不正で社長が辞任 「組織的と認めざるを得ない」

[ 2日 ロイター] - 三菱電機の杉山武史社長は2日午後、鉄道車両用空調装置などで検査不正が判明したことを受けて会見し、辞任すると表明した。30年以上続いていたことから「組織的な不正だったと認めざるを得ない」と述べた。調査結果と再発防止策を9月に公表する。

杉山社長は「私が社長を辞し、新たな体制で信頼回復に取り組むことが必要と判断した」と語った。速やかに後任選びに入るとした。

三菱電機を巡っては、鉄道車両用の空調装置やブレーキ、ドアの開閉に使う空気圧縮機ユニットの一部で検査不正が行われていたことが明らかになっている。事故は確認されていないとしている。

三菱電機は9月に検査不正に関する調査結果と再発防止策を公表する。社長を室長とする緊急対策室を同日付で設置する。社外弁護士を委員長とする調査委員会を設け、監査委員会と連結しながら、社外の視点を取り入れた実態解明を実施するとしている。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up