for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

抜本的な年金制度改革を今やらないといけない=討論会で河野行革相

[東京 18日 ロイター] - 自民党総裁選に立候補した河野太郎行政改革担当相は18日、日本記者クラブ主催の公開討論会で、抜本的な年金制改革を今やらないといけないと強調、財源は税金で賄うべきとの考えを示した。

高市早苗前総務相は生活保護制度は重要であり、生活が成り立たないときは堂々と福祉で受けられるかたちを作りたいと語った。

岸田文雄前政調会長は、年金は支える側と支えられる側のバランスを考える必要があるとし、税でやるとした場合に消費税を何%上げるのかしっかり議論しないといけないとの見解を示した。

野田聖子自民幹事長代行は自民党改革について、派閥を解消することで改革が進むと語った。 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up