for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

為替は様々な要因で動く、適正なマクロ運営必要=山際再生相

山際大志郎経済再生相は24日の閣議後会見で、足元の円安や株安をどう受け止めるかや、将来的な円高誘導の可能性などについて問われ「どちらも大変言及しづらい」と述べた。写真は、官邸に入る山際再生相。2021年10月4日に撮影。(2021年 ロイター/Issei Kato)

[東京 24日 ロイター] - 山際大志郎経済再生相は24日の閣議後会見で、足元の円安や株安をどう受け止めるかや、将来的な円高誘導の可能性などについて問われ「どちらも大変言及しづらい」と述べた。その上で「さまざまな現象が起きていることは承知している。為替の変動にはさまざまな要因があるので、一つの理由で云々ではなく、全てのことを注意深くみている。その中で、適正なマクロ経済運営が必要」との認識を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up