for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

「ホタル式」LEDレンズ、韓国研究チームが作成に成功

[香港 30日 ロイター] 韓国の研究チームが、ホタルの下腹部の構造を模した新たな発光ダイオード(LED)レンズの作成に成功した。LEDレンズの低価格化につながり、将来的にはスマートフォンやテレビなどへの応用が期待できるとしている。

韓国科学技術院(KAIST)の研究チームは、30日付の米科学アカデミー紀要で「ホタルの発光部のナノ構造をコピーした新たなLEDレンズを作成した」と発表。3層構造になっているホタルの下腹部の構造をまねることで、既存LEDランプで使われる高価な部品を使わずに済んだという。

KAISTのKi-Hun Jeong准教授は「同構造は既存LED照明で一般的に使われる高価な反射防止膜に匹敵する」とし、この技術を使えば、LEDレンズ価格を最小限に抑えることも可能だとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up