for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

「バフェット氏との昼食」値崩れ、今年の落札額は100万ドル

6月8日、米著名投資家ウォーレン・バフェット氏と昼食を共にする権利のオークションが、過去6年で最低となる100万ドルで落札された。オマハで5月撮影(2013年 ロイター/Rick Wilking)

[8日 ロイター] - 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏と昼食を共にする権利のオークションが7日遅くに締め切られ、過去6年で最低となる100万ドル(約9700万円)で落札された。

ネット競売の米イーベイで5日間にわたって行われたオークションには、計106の入札があったが、落札額は昨年の3分の1にも届かなかった。「オマハの賢人」と称されるバフェット氏とのランチはここ数年、過去最高額の更新を続けており、一昨年は262万ドル、昨年は346万ドルだった。

落札者は、ニューヨークのステーキハウス「スミス・アンド・ウォーレンスキー」でバフェット氏と一緒に昼食をとることができる。

オークションの収益金は、サンフランシスコのテンダーロイン地区で貧困層やホームレスを支援する「グライド基金」に寄付される。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up