for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

麻生金融相、全銀協などに中小企業への年末融資を要請

[東京 26日 ロイター] -麻生太郎金融担当相は26日、原材料や光熱費といった価格上昇が見込まれ中小企業の運転資金がひっ迫するおそれがあるとして、年末に向けて適切な融資対処をするよう金融機関に要請した。年末の資金需要期を控えた金融機関との意見交換会で述べた。

麻生金融相は、安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」で株高・円安の効果が出てきていると強調した上で、経済成長・国内総生産(GDP)の拡大につなげるには民間の設備投資や消費が増えなければいけないと指摘した。この上で、中小企業向け金融について「今後、給与・ベースアップなどの話が出てくると思う。円安で原材料費や光熱費など価格の上昇にともなって運転資金がきつくなってくることは十分に考えておかないといけない」と述べ、特に年末や年度末にかけて「適切な融資対処に努めてほしい」と話した。

全銀協の国部毅会長(三井住友銀行頭取)は、政府方針を踏まえて「賃上げや原材料費の価格上昇に伴う運転資金など、中小企業の金融ニーズにきめ細かく対応し、新規融資を含め積極的な資金供給に努める」と応じた。

政府と金融機関の意見交換会は例年、年末・年度末の資金需要期の前に開催している。金融機関側からは全銀協の国部会長のほか、全国地方銀行協会会長の谷正明会長(福岡銀行頭取)らが、政府側からは金融庁のほか経済産業省などが、それぞれ出席した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up