PAID CONTENT
August 23, 2019 / 8:41 AM / 4 months ago

さらなる高みを目指して:権威ある国際認証「EQUIS」を取得した早稲田大学ビジネススクール

世界最高水準の教育研究内容が認められ、今もっとも急成長しているビジネススクールのひとつとして国内外から注目が集まっている

2019年3月。約5年の歳月をかけて行われた厳しい審査を経て、早稲田大学大学院経営管理研究科(早稲田大学ビジネススクール:WBS)は国際認証EQUIS(European Quality Improvement System)を取得した。EQUISはEuropean Foundation for Management Development(EFMD)が発行する世界的に権威ある資格で、世界の三大MBA国際認証(AACSB,EQUIS,AMBA)の一つとされている。EQUISは世界中にあるビジネススクールのわずか1%しか取得しておらず、国内ではWBSを含め2校のみである。これにより、WBSの教育研究事業は世界最高水準の品質であることが国際的に評価された。

すでに国内トップクラスの実績を誇り、英語のプログラムを有するなど国際的なビジネススクールとして名高いWBSが時間も労力もかかるEQUIS取得に動いたのには理由がある。海外では国際認証の有無がビジネススクールの評判を大きく左右するため、WBSの国際認知度もさらに高まることが期待されるが、より大きな成果は「取得の過程で、審査団から指摘された課題について改善策を講じる一方、従来からあるWBSの強みを再認識したことでした」と、研究科長の淺羽茂教授は話す。「これらの気づきをもとに、私たちは教育研究内容の改良を重ねています。その結果は、より質の高いプログラムとして学生に還元されているのです」。

認証審査は年々厳しくなっており、国際性や倫理・社会性、産業界とのつながりなど90以上にわたる項目が入念に評価される。認証取得の過程ではEFMDが定める基準を満たす必要があり、WBSはこれまで各教員が独自に行ってきたAssurance of Learning(AOL: 学びの質保証)をシステム化するなど、さまざまな制度改革を進めて学科全体の質を向上させた。

EFMDが高く評価した点のひとつにゼミ形式の授業がある。ゼミは日本特有の学びのスタイルだが、WBSはミッションのひとつであるdynamic learning community形成のために特にゼミを重視している。「WBSのゼミは少人数で議論するだけでなく、ワークショップやコンサルティング案件の請負なども行っています。ゼミがいろいろな機能を果たしていることも高く評価されました」と淺羽教授。

さらに重要な評価の対象だったのがERS(Ethics, Responsibility and Sustainability)の推進である。社会が急速に変化する中、世界の産業界や学界では社会的課題解決やcreating shared value、social entrepreneurといったことに関心が寄せられている。WBSは主要科目にERSのテーマを取り入れたり、ERSに関するアワードを設けたりするなど、在校生・修了生のERS活動を後押ししている。

このようにたゆまぬ努力を重ねるWBSには「非常に知的好奇心が高い、優秀な学生が集まっており、ダイナミックな学びの環境を作り出しています」と淺羽教授は語る。WBSは教員数と学生数、留学生数で国内最大規模のビジネススクールであることから豊かな人的ネットワークを誇り、プログラムや約240に上る選択科目は多様なニーズに対応できるように設計されている。特に平日夜と土曜日に授業が行われるプログラムは、働きながらMBA取得を目指す人たちの間で人気が高い。各界の第一線で活躍してきた約50人の教員は「WBSのミッションのひとつである“Actionable Management Knowledge,” つまり、知識を行動に移す能力の育成に長けている方ばかりです」。また、WBSが提供する海外のトップ校とのダブルディグリー制度や交換留学協定、英語プログラムの学生との共学などにより、学生がグローバルな視点を持つ機会が多く得られること、欧米のビジネススクールに比べコストパフォーマンスが高いこともWBSが選ばれる理由のひとつである。

WBS UNLOCKS your potential

リーマンショック以降、MBAの取得が高給につながるというビジネススクールのモデルは崩れたが、グローバルリーダーとしての知識や実践的なスキルを身につける場だけでなく、国際社会に通用する”globally responsible citizen”の育成の場として、ビジネスクールの役割はますます重要になっている。「WBSはActionable Management Knowledgeの創出やERS活動を推進していることからも、ビジネススクールの新たな時代の先端を行っています」と淺羽教授はいう。「自身を向上させる場として、WBSは最高の選択肢になるといえるでしょう」。

2020年度入学説明会開催予定。詳細はこちら

ロイター編集部は、このコンテンツ制作には関わっていません。このコンテンツはロイターの広告グループの中にある「ロイター・プラス」により制作されたものです。「ロイター・プラス」に関心をお持ちの方はこちらからお問い合わせください。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below