for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

第3四半期の英一時帰休、過去最大の31.4万人=統計局

[ロンドン 10日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が発表した第3・四半期の一時帰休者は前期比18万1000人増加し、過去最高の31万4000人となった。

失業率は4.8%へ上昇した。ロイターがまとめたエコノミスト予想と一致し、2016年9─11月期以来の高水準となった。

イコールズ・グループのチーフエコノミスト、ジェレミー・トムソンクック氏は「過去数カ月の一時帰休が過去最高の31万4000人となったことは、残念ながら多くの人にとって政府の追加支援が遅過ぎたことを示している」と指摘した。

就業者数は16万4000人減と市場予想の14万8000人を上回る減少幅となった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up