for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英失業率、5─7月は4.1% ロックダウン以降初の上昇

[ロンドン 15日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)によると、5─7月の失業率は、新型コロナウイルス感染防止のためのロックダウンが実施された3月以降で初めて上昇した。ただ就業者数は予想ほど減少しなかった。

5─7月の失業率(ILO方式)は4.1%。4─6月の3.9%から上昇した。ロイターがまとめたエコノミストの予想は4.1%だった。

就業者数は1万2000人減少。ロイターがまとめた予想中央値は12万5000人減少だった。

税務当局のデータによると、企業の従業員数は3─8月に69万5000人減少。3─7月(改定値)は65万9000人減少だった。

政府の雇用維持制度が段階的に縮小され10月末に終了するため、エコノミストは失業者がさらに増加すると予想している。

スナク財務相は声明で「パンデミックが雇用や生活に深刻な影響を及ぼし続けており、多くの人々が厳しい状況に置かれている。引き続き雇用保全や職場復帰支援が私の最優先事項だ」と述べた。

6─8月の求人件数は43万4000件で、4─6月から約30%増加したものの、パンデミック前の約半分にとどまっている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up