for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

第1四半期の伊GDP速報値、前期比0.4%減=国家統計局

[ローマ 30日 ロイター] - イタリア国家統計局(ISTAT)が30日発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)速報値は前期比0.4%減少した。2四半期連続でマイナス成長となった。

ロイターがまとめたアナリスト27人の予想は0.5%減だった。

前年同期比では1.4%縮小した。アナリスト予想は1.6%減だった。

統計局は、内需が拡大する一方で外需はGDPを押し下げたと説明した。主要項目の内訳は明らかにしていないが、工業と農業部門はプラス成長で、新型コロナウイルスによる打撃が大きいサービス部門はマイナスだったとしている。

昨年第4・四半期のGDPは前期比1.9%減から1.8%減へ上方改定された。前年比は6.6%減で変わらず。

2020年通年ではマイナス8.9%と戦後最大の落ち込みを記録した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up