for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国サービス部門PMI、7月は54.9に上昇 コロナ再拡大がリスク=財新

[北京 4日 ロイター] - 財新/マークイットが4日発表した7月の中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)は54.9で、前月の50.3から上昇し、5月以来の高水準となった。

景況改善・悪化の分岐点となる50を上回った。ただ、中国では新型コロナウイルスのデルタ変異株の感染が拡大しており、景気回復の勢いをそぐ恐れがある。

財新インサイト・グループのシニアエコノミスト、王哲氏は、7月のPMIは中国南部で新型コロナの抑え込みに成功した好影響があったと指摘。ただ、7月下旬以降のコロナ感染拡大が8月のPMIに響く公算が大きいとした。

王氏は「経済はいまだに非常に大きな下方圧力に直面しており、事業主の信頼感維持を図る必要がある」とした。

地方当局はコロナ感染予防のため、市民に外出を自粛するよう呼び掛けており、夏の需要期に望みをかけてきた旅行などの業界に打撃を与えるとみられる。

PMIの新規事業指数は54.5と、前月の50.5から上昇。新規輸出受注の指数は海外のコロナ感染再拡大を受けて50を引き続き下回った。

企業信頼感は50を上回ったが、長期平均は若干下回った。雇用は50を再び上回ったが、企業のコスト管理意識が強く、雇用創出ペースは鈍かった。

製造業とサービス部門を合わせた7月の総合PMIは53.1で、前月の50.6から上昇した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up