May 13, 2020 / 4:39 AM / 22 days ago

第1四半期のマレーシアGDP、前年比+0.7%に鈍化 予想は上回る

[クアラルンプール 13日 ロイター] - マレーシア中央銀行が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)は前年比0.7%増と、伸び率は前期から大幅に鈍化した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で輸出や内需が打撃を受けた。ただ、市場予想は上回った。

ロイターがまとめた市場予想は前年比1.5%減、2019年第4・四半期は3.6%増だった。

中銀は、新型コロナの感染拡大を抑制するため多くの国で導入されたロックダウン措置により、マレーシアをはじめ、主要経済や域内経済が全般的に打撃を受けていると指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below