for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィリピン第3四半期GDP、前年比-11.5% 予想以上の落ち込み

[マニラ 10日 ロイター] - フィリピン統計局が10日発表した第3・四半期国内総生産(GDP)は前年同期比11.5%減と、ロイターがまとめた市場予想(9.8%減)以上の落ち込みを記録した。新型コロナウイルスの感染ペースは鈍化しつつあるが、その影響が続いている。

同国は第2・四半期に約30年ぶりのリセッション(景気後退)に入った。第2・四半期のGDPは16.9%減に改定された。

第3・四半期GDPは前期比では8.0%増だった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up