for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

第4四半期のタイGDP、前年比-4.2% 予想より小幅なマイナス

[バンコク 15日 ロイター] - タイ国家経済社会開発評議会(NESDC)が発表した第4・四半期の国内総生産(GDP)は前年同期比4.2%減と、マイナス幅はロイターがまとめた市場予想(5.4%)よりも小さかった。新型コロナウイルス対策の制限緩和で国内の経済活動と輸出が回復した。

季節調整済みの前期比は1.3%増と、エコノミスト予想の0.8%増を上回った。

第3・四半期のGDPは前年比6.4%減、前期比6.2%増(改定値)だった。

2020年のGDPは6.1%減と、1998年以降で最大の落ち込みとなった。市場予想は6.4%減。

NESDCは今年の予想を2.5─3.5%のプラス成長と、従来の3.5─4.5%のプラス成長から引き下げた。国内で昨年12月に新型コロナウイルス感染が拡大したのを受けて下方修正した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up