for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インドネシア中銀、政策金利を据え置き ルピア安に対応

[ジャカルタ 18日 ロイター] - インドネシア中央銀行は18日、主要政策金利の7日物リバースレポ金利を史上最低水準の3.50%で据え置いた。新型コロナウイルス対策としてこれまで数度の利下げを行ってきたが、資本流出に伴う通貨ルピア安に配慮した格好。

ロイター調査では、アナリスト28人全員が据え置きを予想していた。同中銀は2月に7日物リバースレポ金利を25ベーシスポイント(bp)引き下げ、3.50%としていた。

翌日物預金ファシリティー金利(FASBI)は2.75%、貸出ファシリティー金利は4.25%に据え置いた。

ルピアは2月に3%以上下落。米金利の上昇を受けて新興国資産から逃避する動きが見られた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up