for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィリピン中銀、政策金利を2%に据え置き 景気支援に注力

[マニラ 12日 ロイター] - フィリピン中央銀行は12日、政策金利の翌日物リバースレポ金利を予想通り過去最低の2.0%に据え置いた。回復の兆しが見えつつある景気の下支えに注力する姿勢を示した。

据え置きは4会合連続。ロイターが調査したエコノミスト13人全員が現状維持を予想していた。

中銀は翌日物預金金利と翌日物貸出金利も、それぞれ1.5%と2.5%に据え置いた。

ジョクノ中銀総裁は記者会見で「インフレ見通しと経済成長の下振れリスクを踏まえると、金融政策は現状を維持することが妥当だ」と述べた。

インフレ見通しのリスクはおおむね均衡しており、今年と来年は平均して2─4%の目標の範囲内に収まるとの見方を示した。

中銀は今年のインフレ率予想を従来の4.2%から3.9%へ引き下げる一方で、2022年は2.8%から3.0%へ引き上げた。

ジョクノ氏は「内需を継続して支えることが引き続き金融政策の優先事項となる」と述べ、当面は政策変更がないことを示唆した。

フィリピンでは3月から新型コロナウイルス感染が再び急増し、厳格な移動制限が導入された。中銀は新型コロナが「需要に大きな下振れリスクをもたらす」と指摘した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up