for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インドネシア中銀、政策金利を据え置き 4会合連続

[ジャカルタ 17日 ロイター] - インドネシア銀行(中央銀行)は17日、主要政策金利の7日物リバースレポ金利を史上最低水準の3.50%に据え置いた。

据え置きは4会合連続。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、緩和的な金融政策を維持した。海外の不透明要因を踏まえ、金融市場の安定も目指す。

ロイター調査では、エコノミスト26人全員が据え置きを予想していた。

翌日物預金ファシリティー金利と貸出ファシリティー金利も、それぞれ2.75%、4.25%に据え置いた。

中銀は新型コロナウイルス危機からの回復を促すため、2020年以降、計150ベーシスポイント(bp)の利下げを実施。570億ドル以上の流動性を金融システムに供給し、融資規制も緩和している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up