for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

台湾中銀、政策金利を据え置き 経済成長予測を上方修正

[台北 17日 ロイター] - 台湾中央銀行は17日、政策金利を予想通り1.125%に据え置いた。

中銀は、好調な輸出を背景に、今年の経済成長率予測を上方修正した。

新型コロナウイルスの流行で在宅勤務や在宅学習が拡大し、ハイテク製品の需要が世界的に増えており、台湾経済は好調を維持している。

ロイター調査では、エコノミスト14人全員が政策金利の据え置きを予想していた。

据え置きは過去1年3カ月で5回目。中銀は2020年3月に利下げを決定した。

2021年の域内総生産(GDP)予測は5.08%増。3月時点の予測は4.53%増だった。2020年のGDPは3.11%増、2019年は2.71%増だった。

2021年第1・四半期のGDPは前年比8.92%増と、約10年ぶりの高い伸びとなった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up