for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィリピン中銀、5会合連続で金利据え置き 下振れリスク残ると指摘

[マニラ 24日 ロイター] - フィリピン中央銀行は24日、政策金利の翌日物リバースレポ金利を予想通り過去最低の2.0%に据え置いた。一部地域で新型コロナウイルス流行に伴う制限が強まる中、成長の下振れリスクが残っていると指摘。緩和的な金融政策を維持し、景気回復を支援する。

据え置きは5会合連続。ロイターが調査したエコノミスト11人全員が現状維持を予想していた。

翌日物預金金利と翌日物貸出金利も、それぞれ1.5%と2.5%に据え置いた。

ジョクノ総裁は記者会見で「経済活動はここ数週間で改善しているものの、新型コロナの感染脅威が続く中、景気回復の全般的なモメンタムは相変わらず不確かだ」と指摘。「インフレ見通しに対する下振れリスクは新たなコロナ変異株の出現で引き続き生じており、抑制措置の緩和を遅らせ、国内成長見通しを弱める可能性がある」と述べた。

また、米連邦準備理事会(FRB)の早期引き締めシグナルがでているものの、必要な限り経済支援を続けると強調した。

インフレ見通しは依然「おおむね均衡している」と指摘。今年の平均は目標レンジ(2─4%)の上限近くとなり、2022年と23年はレンジの中間に向けて鈍化するとの見方を示した。

直近3カ月のインフレ率は4.5%で推移している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up