for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

豪中銀、政策金利0.10%に据え置き 債券買い入れ縮小

[シドニー 6日 ロイター] - オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)は6日、市場の予想通り政策金利のオフィシャルキャッシュレートを過去最低の0.10%に据え置き、2024年まで金利はこの水準にとどまるとの見通しを示した。ただ、債券買い入れプログラムについては縮小を決めた。

中銀はイールドカーブの目標を24年4月償還債に維持し、24年11月償還債に変更しなかった。

現在の期限である9月を過ぎても、少なくとも11月中旬までは国債の買い入れを継続するとしたが、そのペースは現行の週50億豪ドルではなく、40億豪ドルになるとした。

ロイター調査ではアナリスト27人全員が政策金利の据え置きを予想していた。イールドカーブの目標についても24年4月償還債からの移行はないとの見方だった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up