for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インドネシア中銀、政策金利据え置き 預金準備率引き上げを加速

[ジャカルタ 24日 ロイター] - インドネシア中央銀行は24日、主要政策金利の7日物リバースレポ金利を過去最低の3.50%に据え置いた。据え置きは市場の予想通り。

翌日物預金ファシリティー金利(FASBI)と貸出ファシリティー金利もそれぞれ2.75%、4.25%に据え置いた。

ペリー・ワルジヨ中銀総裁は記者会見で、市中銀行が中銀に預け入れる資金の比率である預金準備率(RRR)の引き上げペース加速を発表した。RRRは7月から7.5%に、9月から9%に引き上げる。従来は今年3回の引き上げで3.5%から6.5%に上げるととしていた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up