Reuters logo
中国の砕氷船が初めて北極海を横断
2012年8月20日 / 07:01 / 5年後

中国の砕氷船が初めて北極海を横断

【レイキャビク/オスロ18日ロイター時事】中国の砕氷船「雪竜」が同国の砕氷船として初めて北極海を横断し、このほどアイスランドに到着した。これは中国の北極への関心が高まっていることを浮き彫りにしている。北極では気候変動によって海氷が過去最大規模で融解しており、新たな通商航路が開かれる可能性がある。

天津港に停泊する中国の砕氷船「雪竜」(2011年11月3日、中国天津)(チャイナ・デーリー提供)

 今回の航海は世界第2の経済大国である中国が、石油と天然ガスが豊富で、北大西洋と太平洋をつなぐ商船の航路になり得る北極に触手を伸ばしていることを鮮明にする。雪竜はロシア沿岸沿いの北極海航路を航行して、アイスランドに到着した。

 中国極地研究所の所長で、探査隊のリーダーである楊恵根隊長は、この時期には航行中もっと多くの氷があると予想していたと述べた。同隊長はロイター通信に対し、「驚いたことに、北極海航路の大半は氷結していなかった」と話し、帰りは北極点により近いルートを通る予定であることを明らかにした。同隊長は中国政府が地球温暖化によって生じた北極の環境の「劇的な変化」に注目していると付け加えた。

 北極海に浮かぶ海氷の量は2007年に記録した過去最低の水準を下回るとみられている。これにより同地域へのアクセスは容易になるが、先住民の狩猟を中心とした生活様式やホッキョクグマやアザラシなどの野生生物が脅威にさらされる。

 海氷の融解は近道を生んで北極を徐々に切り開いている。例えば、ドイツの海運会社ベルーガの貨物船は09年に韓国から北極海を経由してオランダ・ロッテルダムに到着している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below