January 17, 2008 / 5:25 AM / 11 years ago

中国の物価抑制策、市場経済の妨害ではない=国家発展改革委高官

 [北京 17日 ロイター] 中国国家発展改革委員会の高官は17日、中国が最近導入した物価抑制策について、インフレ期待の安定化を目指した措置であり、市場経済を阻害するものではない、と強調した。

 同高官のインタビューの内容が政府のウェブサイト上に掲載された。

 中国政府は今週、高進するインフレを抑制するため、一時的に市場に介入する方針を表明した。国家発展改革委員会は、小麦粉、コメ、麺類、料理用油、牛乳、液化石油ガス(LPG)を生産するすべての主要業者に対し、大幅な値上げの前には当局に申請することを義務付けた。

 同高官は「政府は企業に赤字経営をするよう求めてはいない。政府の介入は、正常な企業活動を妨害するものではない」との認識を示した。

 そのうえで、物価抑制策は恐怖心理を和らげ、インフレ押し上げにつながっている連鎖的な動きを阻止することを狙ったもの、としている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below