July 10, 2008 / 1:16 AM / in 10 years

米ゴールドマン<GS.N>が国際金融協会を脱退、価格評価めぐる相違で

 [ロンドン 9日 ロイター] 米証券大手ゴールドマン・サックス・グループ(GS.N)は、国際金融協会(IIF)を6月2日付で脱退した、と発表した。信用商品の価格評価をめぐる相違が理由という。

 ゴールドマン・サックスのスポークスマンは「市場にストレスがかかっている状況下では、資産と負債を厳しく評価することが重要。われわれは常に、評価には厳格なアプローチをとってきた」と述べた。

 このたびの信用収縮を受けて、銀行業界は3000億ドル以上の損失を被ったとされ、金融監督当局は規制の見直しを検討。IIFも新たな会計ルールやその他のガイドラインについて検討を行っている。

 IIFは4月、銀行に資産の価格付けを義務付ける会計基準について、問題の悪化につながるとして早急の再考を求める姿勢を示した。

 こうした動きには、基準を緩めることになるとして、批判も強い。

 

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below