May 26, 2009 / 2:56 AM / 10 years ago

独金融当局、国内銀行の不良債権増大の可能性を警告

 [東京 26日 ロイター] 英紙テレグラフによると、独連邦金融サービス監督庁(BaFin)は、ドイツの銀行が抱える不良債権について、政府の「バッドバンク」構想を活用して次の危機に備えなければ「手投げ弾のように」爆発するとの見方を示した。

 BaFinのヨヘン・サニオ長官は、格付け会社が相次いでモーゲージ証券を「厳しく」格下げすることが危険要因だと指摘。そうなれば、枯渇した銀行資本がさらにむしばまれ、信用システム全体に広範なストレスをもたらすとの見方を示し、「銀行が格付けの変更に左右されないようにする必要がある」と述べた。

 また、ドイツの銀行が抱える不良債権は2000億ユーロにのぼり、政府の保護を受けずに自力で乗り切ろうとする銀行を市場は許さないだろうと指摘。「国内銀行の信用ポートフォリオが向こう1、2カ月以内に、これまでで最も深刻な景気後退の影響を全面に受けることは確実だと思われる」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below