August 7, 2009 / 12:02 AM / 10 years ago

米ゴールドマン、7月の米非農業部門雇用者数見通しを前月比25万人減に上方修正

 [ニューヨーク 6日 ロイター] 米ゴールドマン・サックスは、7月の米非農業部門雇用者数見通しを従来予想の前月比30万人減から25万人減に上方修正した。その理由として、米労働省が発表した新規失業保険週間申請件数に言及し、雇用市場が一部で改善していることを示していると説明した。

 ゴールドマンのアナリストは、6日付リサーチノートで「最近の雇用市場に関する情報はまちまちの内容となっているが、約2週間前時点の予想よりは小幅改善すると見込んでいる」と指摘。「特に、新規失業保険週間申請件数が、自動車セクターの工場閉鎖など時期的なゆがみを調整した後でも、雇用市場の改善を示す内容となっている」とした。

 ただ、失業率については、従来予想の9.7%で据え置いた。

 7月の米雇用統計は、米東部時間7日午前8時30分(日本時間午後9時30分)に発表予定。

 

原文参照番号[nN06344181](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nN06344181]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below