December 7, 2009 / 10:34 PM / 10 years ago

米国株式市場サマリー(7日)

                        (カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル).DJI

     終値       10390.11(+1.21)

     始値       10386.86

     高値       10443.16

     安値       10360.18

   前営業日終値    10388.90(+22.75)

ダウ輸送株20種      4059.91 (‐41.85)

ダウ公共株15種      392.49 (+2.72)

NYSE出来高概算     10.59億株

   値上がり(銘柄)   1656

   値下がり(銘柄)   1364

   変わらず        110

S&P総合500種.SPX

     終値       1103.25(‐2.73)

     始値       1105.52

     高値       1110.72

     安値       1100.83

ナスダック総合.IXIC

     終値       2189.61(‐4.74)

     始値       2191.35

     高値       2201.42

     安値       2183.13

フィラデルフィア半導体株指数.SOXX    336.72 (+1.51)

シカゴ日経平均先物12月限(ドル建て)終値 10115 (‐35)大証終値比

シカゴ日経平均先物12月限(円建て)終値 10110 (‐40)大証終値比

-------------------------------------------------------------------------------

 S&Pとナスダックが小反落。ダウはほぼ変わらずとなった。バーナンキ米連邦準備理

事会(FRB)議長の発言を受けて景気回復をめぐる懸念が高まり、一時上昇していた相

場に影響を与えた。

 金融株とハイテク株が下げを主導した。S&P金融指数.GSPFは1.6%安、フィラ

デルフィアKBW銀行株指数.BKXは2.1%安となった。

 バーナンキ議長は、エコノミック・クラブで講演し、インフレは引き続き抑制される可

能性があるものの、米失業率は当分の間、高止まる可能性があると述べた。

 議長の発言を受けて株式市場は一時上昇していたが、その後、一部の投資家がポジショ

ンを縮小した。

 議長はまた、米経済は弱い労働市場やひっ迫した信用状況など「並外れて強力な向かい

風」に直面していると述べた。

 アイズナーのパートナー、ティム・スパイス氏は、議長発言について「確かに最初は市

場を押し上げたが、よく吟味するうちに投資家は、並外れて強力な向かい風に直面してい

ることを悟った」と指摘した。

 バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)(BAC.N)は2.4%下落。JPモルガン・チェー

ス(JPM.N)は1.2%安となった。

 シティグループ(C.N)は2.2%安。不良資産救済プログラム(TARP)資金の返済

に向けた増資の規模について、政府と意見が分かれているとのニュースが重しとなった。

 ソフトウエア大手マイクロソフト(MSFT.O)は0.6%、半導体大手インテル(INTC.O)は

0.4%それぞれ下落した。

                           [東京 8日 ロイター]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below