January 26, 2010 / 10:40 PM / 9 years ago

米国株式市場サマリー(26日)

                        (カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル).DJI

     終値       10194.29(‐2.57)

     始値       10195.35

     高値       10285.13

     安値       10155.60

   前営業日終値   10196.86(+23.88)

ダウ輸送株20種      4014.55 (‐10.83)

ダウ公共株15種      387.60 (+1.46)

NYSE出来高概算     11.24億株

   値上がり(銘柄)   1092

   値下がり(銘柄)   1943

   変わらず        102

S&P総合500種.SPX

     終値       1092.17(‐4.61)

     始値       1095.80

     高値       1103.69

     安値       1089.86

ナスダック総合.IXIC

     終値       2203.73(‐7.07)

     始値       2203.44

     高値       2227.89

     安値       2195.44

フィラデルフィア半導体株指数.SOXX    333.52 (‐0.66)

シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)終値 10370 (+30)大証終値比

シカゴ日経平均先物3月限(円建て)終値 10330 (‐10)大証終値比

-------------------------------------------------------------------------------

 小反落。消費者信頼感指数や一部企業決算は堅調だったが、規制をめぐる警戒感などに

圧迫された。27日に予定される米連邦公開市場委員会(FOMC)声明発表やオバマ大

統領の一般教書演説を控えた警戒感から、取引終盤に下げに転じた。

 ICAPエクイティーズのマネジングディレクター、ケネス・ポルカリ氏は「FOMC

は金利を据え置くとの見方が大勢で、バーナンキ連邦準備理事会(FRB)議長の再任を

めぐる不透明感が漂う中、大きな発表はないとみられている」と述べ、一般教書演説への

関心のほうが強いとの見方を示した。

 米上院は週内にバーナンキ議長の再任を承認する採決を行う見通しだが、一部の議員は

反対票を投じる意向を示している。

 コンファレンス・ボードが発表した1月の消費者信頼感指数は3カ月連続で上昇し、

2008年9月以来の高水準となった。中国の預金準備率引き上げ指示などを受けて序盤

軟調だった株価は、この指標を受けて上昇に転じた。

 ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ.N)は1.6%安。予想以上に緩やかな景気回復

の圧迫を受けているとの見方を示した。

 半面、損保大手トラベラーズ(TRV.N)は第4・四半期の利益が市場予想を上回ったこと

を好感して2.7%高。

 アップル(AAPL.O)も前日発表した四半期決算が強い内容となったことや、27日に発表

予定のタブレット型パソコンへの期待感を材料に1.5%上昇した。

 マイクロソフト(MSFT.O)は0.7%高。

 

                           [東京 27日 ロイター]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below