January 6, 2011 / 1:32 AM / 10 years ago

米連邦債務、3月末か4月に上限に達する可能性

 [ワシントン 5日 ロイター] 米ウォールストリートのエコノミストは、米政府による最近の歳出入の傾向を基に、連邦債務が3月末あるいは4月にも、現在の上限である14兆3000億ドルに達すると予想している。

 上限に達した場合、連邦政府機関が閉鎖を強いられる可能性や社会保障などの支払いが脅かされる恐れが出てくるほか、米国債のデフォルト(債務不履行)リスクも生じる。

 HSBCセキュリティーズ(ニューヨーク)の首席金利ストラテジスト、ローレンス・ダイヤー氏は、事実上のデフォルトという最悪のシナリオに陥った場合、米国は債券市場へのアクセスで長期的な打撃を受け、トリプルA格付けを失うほか、大幅な借り入れコスト上昇に直面し、財政問題が悪化するとの見方を示した。

 そこまで深刻な事態は今のところ予想されていないが、下院予算委員会の新委員長に就任したライアン議員は5日、「歳出面での譲歩」なしに債務上限を引き上げることには関心がないと発言した。

 一方、オバマ政権の当局者は、共和党が米債券市場の信頼性を試そうとしているとして批判。米経済諮問委員会(CEA)のグールズビー委員長は2日、共和党が上限引き上げを拒否すれば、国内経済に甚大な影響が及ぶとの認識を示した。

 野村(ニューヨーク)のエコノミスト、ザック・パンドル氏は、仮に一部の政府機関が閉鎖されたとしても、国防などの基本的な政府機能や債務返済の停止を意味するわけではないと指摘。その上で「債務上限の引き上げで(民主・共和党が)合意できなければ、双方の協力や財政問題への対処をめぐり懸念すべき材料となる」との見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below