May 2, 2011 / 8:33 AM / 8 years ago

ビンラディン容疑者死亡、ワシントンやNYで市民が歓喜

 [ワシントン/ニューヨーク 2日 ロイター] 約3000人が犠牲となった2001年9月11日の米同時多発攻撃の首謀者とされるアルカイダの指導者、ウサマ・ビンラディン容疑者が死亡したとのニュースを受け、ワシントンやニューヨークでは、市民数千人が集まって歓喜の声を挙げた。

 ワシントンのホワイトハウス前には、現地時間1日午後10時40分にビンラディン容疑者死亡の第1報が流れた直後から人が集まり始め、オバマ大統領が異例の深夜会見を行うころには「USA、USA」と連呼する声がこだました。

 「みんなで祝福しなくては。今日のニュースの結果を非常に喜んでいる」と語ったのは、湾岸戦争に参加した元米海軍兵士のスティーブン・ケリーさん。妻からの携帯電話のメッセージでニュースを知り、ホワイトハウスに駆け付けたという。ホワイトハウス前には当時まだ子どもだった大学生らも大勢が詰めかけ、大きな星条旗を体に巻きつけて興奮気味に喜びを語る人もいた。

 ニューヨークでは、マイケル・ブルームバーグ市長が「ニューヨーカーはこの知らせを10年近く待っていた。2001年9月11日に愛する人を失ったすべての人にとって、慰めになることを望む」との声明を発表。約1年前に爆破未遂事件が起きていたタイムズスクエア周辺や、世界貿易センター(WTC)ビルの跡地(グラウンド・ゼロ)では、遅い時間にもかかわらず数百人が繰り出し、集まった群衆に消防隊員らが手を振る様子も見られた。

 消防服を着た消防士のパトリス・マクラウドさんは「非常に素晴らしい瞬間だ。イスラム教徒だろうとキリスト教徒だろうと関係なく、誰であれ1つになれることを望む。われわれは絶対にあきらめない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below