January 8, 2008 / 3:53 PM / 11 years ago

米経済は景気後退に陥っていない=全米経済研究所所長

 [ワシントン 8日 ロイター] 全米経済研究所(NBER)のフェルドスタイン所長は8日、米経済は景気後退に陥っていないものの、景気後退の「深刻なリスク」が存在するとの認識を示した。

 ポールソン米財務長官はこの日、CNBCテレビとのインタビューで、景気は鈍化するものの成長は継続する可能性が高いと述べた。フェルドスタイン所長は同長官の見方に賛同するかと尋ねられ、今後1─2四半期で最も実現性の高いシナリオだとする一方で「それ以上に景気が悪化し、実際に低迷に至る可能性のある深刻なリスクが存在する」と指摘した。「今のところは景気後退に陥っていないと考える」と語った。

 所長はまた、景気下支えのために財政面での刺激策が必要との考えを改めて示した。

 さらに、米連邦準備理事会(FRB)は追加利下をすべきだと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below