January 15, 2008 / 7:28 PM / 12 years ago

欧州株式市場=反落、シティ<C.N>の赤字転落で米景気後退懸念高まる

 [ロンドン 15日 ロイター] 欧州株式市場は反落。米シティグループ(C.N)の第4・四半期決算が、1998年に合併で誕生して以来、四半期として初めて赤字となったことを受け、米経済のリセッション(景気後退)懸念が高まった。12月の米小売売上高が予想外の0.4%減となり、2007年全体の売上高の伸びが02年以来の低水準となったことも圧迫材料となった。

 FTSEユーロファースト300種指数.FTEU3は36.75ポイント(2.57%)安の1395.39と、06年10月初旬以来の低水準で引けた。

 DJユーロSTOXX50種指数.STOXX50Eは95.74ポイント(2.26%)安の4140.94。

 この日は医薬品・食品・通信などのディフェンシブ銘柄も含め、全般的に売られた。

 ソシエテ・ジェネラルのストラテジスト、アルトゥール・ファン・スルーテン氏は「ディフェンシブなポジションをとっていても痛手を被るところまできた。08年の1株当たり利益見通しが楽観的過ぎたとのムードが広がっているようだ」と指摘。「極端な値動きから身を守りたければ、一般的には(時価総額の大きな)ラージキャップやメガキャップ株が比較的安全だ。大手金融機関が現在嫌気されているのは明らかだ」と述べた。

 シティは第4・四半期にサブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)関連で181億ドルの評価損を計上し、純損失が98億3000万ドル(1株当たり1.99ドル)となったほか、減配や人員削減を発表した。また、最低145億ドルを調達して資本増強を図るとした。

 これを受けて金融銘柄に売りが出た。英HSBC(HSBA.L)は4.7%、スペインのサンタンデール銀行(SAN.MC)は3.7%、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)(RBS.L)は5.7%、それぞれ下落した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below