Reuters logo
FRB緊急利下げは適切な判断だが議論の余地あり=ドイツ財務相
2008年1月30日 / 17:02 / 10年後

FRB緊急利下げは適切な判断だが議論の余地あり=ドイツ財務相

 [ベルリン 30日 ロイター] ドイツのシュタインブリュック財務相は、米連邦準備理事会(FRB)が22日に行った0.75%の緊急利下げについて、米国にとって適切な判断だったが議論の余地があると述べた。

 財務相はロイターとのインタビューで、FRBの緊急利下げは「米国でのリセッション(景気後退)の動きに歯止めをかけるための国内政策という点で好ましい。政策の是非を考慮した上で、米国にとって適切な判断だった」と語った。

 そのうえで、利下げをめぐっては議論の余地もあるとし、大量の流動性供給や、市場の行き過ぎた動きの復活に対する懸念があると述べた。最近の市場混乱を招いた当事者に利下げで「報いる」との悪いメッセージを与えるリスクがあると指摘した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below