Reuters logo
欧州市場サマリー(30日)
2008年7月30日 / 18:31 / 9年後

欧州市場サマリー(30日)

  1338GMT  29日

ユーロ/ドルEUR= 1.5535 1.5588

ドル/円JPY=   108.29 108.10

ユーロ/円EURJPY=   168.22 168.49

              30日終値     前営業日終値

株 FT100 5420.7 (+101.5) 5319.2

  クセトラDAX     6460.12(+ 61.32) 6398.80

金 現物午後値決め 897.50 916.75

        (カッコ内は先物が欧州市場の前営業日終値比、現物が前営業日終盤)

             先物    現物利回り

3カ月物ユーロ(9月限)  95.020 (+0.025)  4.289(4.287)

独連邦債2年物 4.296(4.338)

独連邦債10年物(9月限) 112.25 (+0.61) 4.395(4.469)

独連邦債30年物   4.689(4.779)

--------------------------------------------------------------------------------

 <為替> ドルが幅広い通貨に対して上昇。7月の米ADP民間雇用者数が予想外の増

加となったことで、8月1日発表の7月雇用統計が改善するとの期待が高まった。

 <株式> ロンドン株式市場は大幅続伸。米欧中銀による資金供給策が相場を支援した。

商品関連株や保険株も値上がりした。

 7月の米ADP民間雇用者数が予想外に増加したこともセンチメントを上向かせた。

 この日、欧州中央銀行(ECB)、米連邦準備理事会(FRB)およびスイス国立銀行

は、信用収縮に対処するための資金供給拡大策を発表した。

 ブルー・インデックスCFDのディレクター、アンドリュー・ターンブル氏は「メリル

リンチによる追加評価損の計上見通しや増資計画の発表後、市場は明るいニュースを求め

ていた」と指摘した。

 銀行株の上げが目立ち、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)(RBS.L)、

バークレイズ(BARC.L)、HSBC(HSBA.L)、スタンダード・チャータード(スタンチャ

ート)銀行(STAN.L)は2.7─5%上昇した。

 一方、ロイズTSB(LLOY.L)は4.7%安。上半期が70%の減益となったことなどが

嫌気された。

 保険のアビバ(AV.L)は8.7%高。アドミラル・グループ(ADML.L)は10.8%高とな

った。両社とも強い上半期決算を好感した。他の保険株も堅調となり、フレンズ・プロビ

デントFP.L、オールド・ミューチュアル(OML.L)、プルーデンシャル(PRU.L)などが買わ

れた。

 鉱山株も堅調となり、フェレクスポ(FXPO.L)、アングロ・アメリカン(AAL.L)、ベダン

タ・リソーシス(VED.L)、ロンミン(LMI.L)、ユーラシアン・ナチュラル・リソーシズ(E

NRC)ENRC.L、リオ・ティント(RIO.L)は3.8─11.7%上昇した。

 原油高を背景に、BP(BP.L)、ロイヤル・ダッチ・シェル・グループ(RDSa.L)、BGグ

ループBG.Lは0.8─2.6%高となった。

 欧州株式市場は大幅続伸。ドイツの総合電機大手シーメンス(SIEGn.DE)や世界最大の

鉄鋼メーカー、アルセロールミタルISPA.ASの予想を上回る四半期決算内容を好感し

た。米・ユーロ圏・スイスの中央銀行が流動性供給策の拡大を発表したことは金融株を支

援した。

 アルセロールミタルは8.2%高。第2・四半期決算は市場予想と自社予想を大幅に上

回った。価格引き上げの効果が原材料コストを補った。

 DJユーロSTOXX資源株指数.SXPPは4.4%上昇。独鉄鋼ティッセンクルップ

(TKAG.DE)は7.8%高、ザルツギッター(SZGG.DE)は3%高となった。

 FTSEユーロファースト300種指数.FTEU3は18.18ポイント(1.56%)

高の1180.75。

 DJユーロSTOXX50種指数.STOXX50Eは42.47ポイント(1.28%)高

の3367.33。

 HSBCのエコノミスト、ライナー・サートリス氏は「米連邦準備理事会(FRB)は

流動性供給策を拡大し、金融システムを支援するためにあらゆる手段を尽くすという明白

なサインを出した」と指摘。「これは市場にプラスの効果をもたらし、投資家は再び一段

の安定を期待するようになった」と述べた。

 金融株ではHSBC(HSBA.L)が2.7%高、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド

(RBS)(RBS.L)が3.9%高、BNPパリバ(BNPP.PA)が2.3%高となった。

 シーメンスは5.8%高。同社の2007/08年度第3・四半期(4―6月)決算は

新規受注と売上高が予想以上に増加した。

 <ユーロ圏債券> 続伸し、独連邦10年債先物は約2週間ぶり高値をつけた。月末買

いや弱いユーロ圏指標が支援した。

 米連邦準備理事会(FRB)、欧州中央銀行(ECB)およびスイス国立銀行(中銀)

が流動性対策の拡充を発表しクレジット懸念が和らいだほか、7月の米ADP民間雇用者

数が予想外に増加し、欧米市場で株高となったものの、債券相場を圧迫するまでには至ら

なかった。

 モニュメント証券のストラテジスト、マーク・オストワルド氏は「ユーロ圏債券相場は

弱い指標のほか、供給圧力が高まるとみられる米債市場からの資金逃避という2つの要因

の恩恵を受けた」と指摘した。

 米財務省は四半期入札(クオータリーファンディング)計画で、大規模な債務償還に対

応するため、10年債と30年債の発行を拡大する方針を示した。

 1547GMT時点で、独連邦債先物9月限FGBLU8は46ティック高の112.11。

ただ、夏枯れ相場で出来高は薄かった。

 独連邦債2年物EU2YT=RR利回りは約2ベーシスポイント(bp)低下し4.319%。

 同10年物利回りEU10YT=RRは約6bp低下し4.408%。

 2・10年債のイールドカーブは小幅フラット化し、スプレッドは前日終盤の13bp

から9bp付近に縮小した。

 この日発表された7月のユーロ圏景況感指数は5年超ぶりの低水準となり、ユーロ圏経

済の鈍化があらためて示された。

                           [東京 31日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below