December 16, 2008 / 6:14 PM / 11 years ago

自動車大手、政府支援伴う事前調整型の破産法申請の可能性高い=ムーディーズ

 [ニューヨーク 16日 ロイター] ムーディーズ・インベスターズ・サービスは16日、自動車大手3社救済をめぐり、政府支援を伴う事前調整型の破産法適用申請の可能性が最も高いとの見方を示した。

 ムーディーズは、政府支援を伴う事前調整型の破産法適用を申請する可能性を約70%見込んでいる。支援を受け目先の破たんを回避する可能性は25%程度としている。

 事前計画を伴わない連邦破産法第7条の適用を申請する可能性も5%と予想している。

 ムーディーズは報告書のなかで「政府支援が得られなければ、(ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)、フォード・モーター(F.N)、クライスラーの)大手3社は破たんし、事実上清算されることになる」と指摘。GMとクライスラーの経営状態が最も悪いとし、数週間以内にも運転資金が枯渇するとの見通しを示した。

 また3社は連邦破産法第11条による更生手続きを申請するとみられるものの、事実上第7条による清算に近い状態となる可能性が高いとし、工場その他の事業所は閉鎖され、資産は債権者への返済にあてるため売却されるとの見方を示した。

原文参照番号[nN16549685](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nN16549685]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below