March 17, 2009 / 4:48 PM / 9 years ago

UPDATE1: 09年世界経済成長率は-0.6%に、日本は-5.0%=IMF高官

 [リスボン 17日 ロイター] 国際通貨基金(IMF)は2009年の世界経済の

成長率予想を1月時点のプラス0.5%からマイナス0.6%に下方修正した。ストロス

カーンIMF専務理事のアドバイザーを務めるテレサ・テルミナシアン氏が明らかにした。

 IMFは最新の経済見通しを近く発表する公算が大きいとしている。

 同氏が記者団に語ったところによれば、IMFは09年の米経済成長率をマイナス

2.6%とし、1月時点の予想(マイナス1.6%)を一段と引き下げた。

 ユーロ圏はマイナス3.2%、日本はマイナス5%と予想。1月時点ではユーロ圏がマ

イナス2%、日本がマイナス2.6%だった。

 テルミナシアン氏は当地で開催された会合で「シナリオは一段と悪化に向かうだろう。

これについては(ストロスカーンIMF)専務理事がすでに述べていることだ。今回は本

当の世界危機であり、地域や発展の水準に関係なく影響を与えている」と述べた。

 IMFによる最新の世界経済見通しは、4月24―25日にワシントンで開かれる世界

銀行・IMFの会合に先立って発表される見通し。

 テルミナシアン氏が明かしたIMFの成長率予想の内訳は以下の通り。

2009年  2010年

世界経済 -0.6 2.3

米国 -2.6 0.2

ユーロ圏 -3.2 0.1

日本 -5.0 0.0

英国 -3.8 -0.2

カナダ -2.0 1.2

G7 -3.2 0.2

アジア 3.6 5.8

ラテンアメリカ -0.6 2.3

原文参照番号[nLH669656](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した

記事でも380日以内であれば[ID:nLH669656]でご覧になれます。なお、契約の内容によ

っては、原文がご覧いただけない場合もあります)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below