February 20, 2009 / 1:41 PM / 9 years ago

EU加盟国による相手国救済、重要な禁止事項─ECB専務理事=独誌

 [フランクフルト 20日 ロイター] シュタルク欧州中央銀行(ECB)専務理事は、欧州連合(EU)加盟国による相手国の救済は禁止されており、そのことは欧州経済通貨同盟(EMU)の根幹にかかわる、との認識を示した。

 独週刊誌デア・シュピーゲルが20日報じた。

 専務理事は「EUおよび加盟国が相手国の債務保証を行うことは禁じられており、そのことはEMUが機能する上で重要な基礎となる」とした。

 仮にEUを脱退する国があれば、その国の金融問題は悪化するだろうとした。

原文参照番号[nWEA8230](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nWEA8230]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below