February 23, 2009 / 9:44 PM / 11 years ago

UPDATE2: 米AIG<AIG.N>が追加資金注入めぐり政府と協議、約600億ドルの損失計上へ=関係筋

 [ニューヨーク 23日 ロイター] 米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)(AIG.N)は、追加の公的資金注入の可能性をめぐり米政府と協議している。同社は第4・四半期に600億ドル近い損失を計上する見込み。関係筋が明らかにした。

 米政府とは債務の株式交換なども話し合われているという。

 同筋は、状況は流動的で他の選択肢も協議されており、どのような結論に至るかは不透明だとした。

 これに先立ちCNBCは、AIGは商業用不動産をはじめとする資産の評価損が響き、損失を計上すると報じていた。CNBCによると、AIG取締役会は3月1日に会合を開き、政府との合意に向け話し合う。また、交渉決裂に備え、法律事務所ワイル・ゴットシャル&マンジェスの弁護士が経営破たんの準備をしているとしていた。

 関係筋がロイターに対して明らかにしたところによると、AIGはワイル・ゴットシャル&マンジェスとの契約を維持しているが、破産法適用申請は計画していない。

AIGは声明で、決算はまだ発表しておらず、近い将来発表する際、現状について説明すると述べた。

 「AIGの財務上の問題に取り組む新たな代替策の可能性を評価するため、米政府と引き続き協力している」とした。

 米財務省はコメントを控えている。ワイル・ゴットシャル&マンジェスからのコメントは得られていない。

 

原文参照番号[nN23359818](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nN23359818]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below